ウレルブログ

音楽で食べたい

CDレビュー 買い物

CDを買ったのでレビューする①

というわけでCDプレイヤーを手に入れたのですがそうなるとやはりCDが欲しくなります。

1年ほど前に今住んでいるところに引っ越してきたのですが、物は積極的に減らしていく!と決めたので100枚以上あったCD全部捨ててきちゃったんです。配信されなそうなのだけ4枚くらい持ってきたけど。プラス仕事関わったのが何枚かくらいしか手元になくて。なのでまた1から買い直し。

せっかくなので自分のなかでルールを決めて買っていきます。

 

① 知らないものは買わない

② 1枚丸々聴ける自信があるものだけ買う

③ ネットでは買わない

④ トータル所持枚数10枚に抑える

という感じで。簡単に言えば無駄なものは買わない、ということです。CDショップでしか買わない、というのはわざわざCDを買って聴くのにネットで買ったらなんか意味がない気がして。ネットを通すなら配信で聴けばよし。しかもやっぱりお店に探してたものがあった瞬間って嬉しいです。テンションあがります。

物を増やしたくない気持ちは変わらないので、10枚に抑えるというのはポイント。聴かないものを持っていてもしょうがないので、今まで聴いてきて確実にこれは今後も何回も聴くだろうという確固たる自信があるものしか買わない。そうなるとまあ大体10枚くらいあればいいかなってとこです。HMVの企画で「無人島に持っていくならこの10枚」みたいなのをやってましたがそんな感じですよね。10枚って相当悩むだろうけどそっちの方がやっぱり大事にする。そう決めたのです。

 

しかし!!早速渋谷のブックオフとレコファンに行ってきたのですが、、、5枚も買ってしまった!!あと5枚しか買えないじゃん!!

やっぱりリミット20枚にしようかな、、と早速弱気ですがまあまだあと5枚なので、、なんとかまだ、、とりあえず5枚でまだ、、いきます、、。

ちなみに別にアーティストを応援するとかそういうのは興味ないので新品だろうが中古だろうが関係なしに買います。恐らく中古の方が割合多くなると思う。どうしても一生聴くであろう音楽が新品でしか手に入らないならそっちで買うだろうけど、僕が欲しいのはジャケットでもブックレットでもなくてCDという盤に44.1kkhz 16bitで録音された音源が欲しいのでそこは新品中古どっちでもよい。というよりレコファン初めてちゃんとみたけど最高すぎて本当にそりゃ中古で買うよってなる。

まあこれもそのうち買い続けてたら新品で欲しくなるのかもしれませんが。

 

でせっかくなので買ったCDはレビューして行こうと思います。思い出を添えて。手放すことにしたCDもしっかり書いていく。個人的にいい記録にしたいです。

 

 

 

Holy Ghost! - Holy Ghost!

 

1枚目はこれです。写真とるの下手で反射しまくっててごめんなさい。そのへんで拾ってきた画像より買ったCDをちゃんと撮りたかった。

Holy Ghost! のファーストアルバム「Holy Ghost!」です。Nick Millhiserと Alex Frankelによるニューヨーク出身のデュオ。2011年の作品なので約7年前リリース。

僕は基本的にシンセポップがすごい好きなので聴きまくってるのですが、これはその中でもかなり聴いてる音楽。サブスクリプションを利用するようになってからは何回も聴く音楽って結構減ったんですけどこれは何回も聴いてる。そしてやっぱりいつ聴いてもいいのでCDショップにいく前からこれは買うと決めていた。がっつりなシンセポップというよりダンス寄りでビートが本当に気持ち良い。

DFA Recordsというレーベルから出てるんですけど、このレーベルはあのLCD SOUNDSYSTEMのジェームスマーフィーが仲間と立ち上げたレーベルです。ダンスパンクというジャンルを広めたレーベルとして知られてるらしいですが、過去にはHot ChipやThe Raptureもリリースがあったそう。LCD SOUNDSYSTEMは去年復活してアルバムだしてましたがそれも好きでした。

2ndも2013年にリリースされててそっちもいいんですけど個人的にはこっちの方が好きかなー。もう5年も経つのでそろそろ新しいの出して欲しい。

特に1〜3曲目の流れ最高。って思ったけどやっぱ全部いいです。捨て曲なし。BOOK OFF渋谷店で500円でした。

 

Hot Chip - Made In The Dark

 

次はこれ。Hot Chipの3rdアルバム「Made In The Dark」。2000年にロンドンで結成されたバンド。アルバムリリースは2008年なのでもう10年前。

基本的にバンドの情報とか背景とかあんまり興味ないので好きになってもそんな調べないので、2008年リリースって知ってびっくりした。今聴いても全然古くないと思うんだよなあ。。

活動歴は長いですが個人的には2年くらい前に知りました。なのでやっぱりサブスクリプションがメインな聴き方になってから知りましたが、さっきのHoly Ghost!と同じように何度も聴いてます。

Hot Chipに関しては他のアルバムも好きなのでもっと買いたいんですが、一番最初にハマったのが3曲目の「Ready For The Floor」だったのでこれを買いました。

よくあると思うんですけど初めて聴いて最初にグッとくる曲って結構飽きるのはやい。なんども聴いてじっくりくるほうがずっと聴いたりすることが個人的には多いんですが「Ready For The Floor」に関して言えば最初から今もずっと好き。ずっと最高と思える。2年くらいずっとそうなんでこれからもずっとそうなんだと思う。

行ったことないのでyoutubeの情報だけですけど、hot chipはライブもめちゃくちゃいいんですよね。エレクトロなんですけどしっかり生演奏だし。僕は基本的にライブ行くの嫌いなんですがhot chipは来日したら絶対行きたい。エレクトロになってもあれくらいライブでできるのはすごく理想。

おすすめはやっぱり3曲目の「Ready For The Floor」です。最高。

レコファンで500円でした。

 

Claude Achille Debussy - ピアノ名曲集 月の光

 

次はこれ。ドビュッシー。いきなりクラシック。フランスの作曲家。音楽偏差値高く見えそうだからクラシック買ったとかそういうんじゃないです信じてさい本当に好きなんです。

普段クラシック聴かないし過去にも積極的に聴いたこともないです。いやでもベタですがチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲ニ長調作品35はすごいよく聴いてた。ていうか買うんだったらこっちだったな、、。今度買おう。あとは昔親についていってN響聴きに行ったんですがその時にラヴェルのボレロをやっていて結構好きになった。ずっと同じこと繰り返してるのにあれだけ引き込まれるのはすごい面白いと思ったなあ。テクノも結構そういうとこあると思ってて、ずっと繰り返しなのにずっと聴いてられるていう。これはテクノの人ですがFour Tetて人の「Morning Side」て曲があるんですが、それもずっと同じ繰り返し。20分くらいあるんだけど全然足りない。本当にずっと聴いてられる。これレコファンで探したんだけどなかったんだよなあ、新品で買ってしまうかもです。

とかなーーーり脱線しましたが僕がドビュッシーを好きになったきっかけは「リリィシュシュのすべて」という映画です。岩井俊二の。あの映画がすごいすごい好きで100回は観てる。大げさでなく。で映画の挿入歌でドビュッシーがよくかかるんですけど単純にそれで好きになったってだけです。

クラシックって電車の中とかイヤホンで聴く音楽ではないと思ってるのでそもそも聴く機会あまりありませんでしたが、こうやってCDでゆっくり聴くのにすごい適してるなと思った。ていうかゆっくり静かに聴ける環境じゃないと聴けない。なのでちょっとクラシックもうちょい掘って行くかもしれません。CDで音楽を聴くようになったら聴くジャンルが変わるってのも面白いかもしれない。

BOOK OFF渋谷店で500円でした。

 

スピッツ - ハチミツ
 

 

次はスピッツ。今回邦楽これだけ買いました。春になるとスピッツ聴きたくなりませんか。なりますよね。ですよね。そうなんです。なんでスピッツです。しかもこのジャケット。春以外ない。春。これが春。

これなんか95年リリースだからもう23年前のアルバムらしいですよ。恐ろしいよスピッツ。だってスピッツずっとスピッツなんだもん。物心ついた時からスピッツでおっさんになってもまだスピッツはスピッツなんだよすごいよ。スピッツのアルバムは他にも「Crispy」とか「名前をつけてやる」もいいんですがやっぱり春なのでハチミツですね。これも何回も聴いたけどいやあ本当にスピッツ。ずっとスピッツ。これからもスピッツ。

これもBOOK OFF渋谷で500円。

 

Marilyn Manson - Holy Wood (In the Shadow of the Valley of Death)

最後はこれです。Marilyn Manson。これが2000年なのでもう18年前か。。丁度ドイツにいた時で当時はミクスチャーとか例えばslipknotとかlimp bizkitとかそういうの聴きまくってたのでその流れで知ってこれも聴いてました。MTVでMVが流れてヴィジュアル的にも「なんだこれは!!」と衝撃を受けてすぐCD買いました。18年後にまた買う事になるとは思わなかった。当時は日本のヴィジュアル系も好きだったので見た目+ヘヴィな音楽ってだけで惹かれました。

が、買って帰ってきて聴いたけどちょっとなんでこれ買ったのか今は理解できない。いや。いいんですよ。2曲目〜4曲目の流れとか超最高だしシンプルな感じでゴリゴリ押してくるのとか超気持ちいいし久しぶりに聴くとやっぱ重い音最高だぜ!とかなるんですけど、いやー10枚買うなかの1枚ではなかったなと。2〜4曲目以外そんなに好きじゃなかった。10曲目はいいんですけどそれでもなあ。これは失敗。

というのも何かヘヴィなものを買いたくて。そうなると過去に聴いていたものに縛られるので選択肢が狭まるんですが、Marilyn Manson買うかMUSE買うかモトリークルー買うかKorn買うかlimp bizkit買うかで悩んだんですけどね。。MUSEにしておけばよかった。というわけで早速これは手放すリスト行きです。

これはBOOK OFF渋谷で280円でした。

 

以上

というわけで以上でした。せっかく厳選して買うならもっとバンドの背景とか詳しくなろうと書きながら思いました。基本的に自分が聴いた感想しか書けないのはちょっともったいない。さっそく失敗もありましたがまあこれもCDならではということで。サブスクリプションで失敗とかそもそもないし。これはこれでいい体験だったということでポジティブにとります。今週末新宿のdiskunionでセールがあるらしいので行ってしまいそうだ。。

-CDレビュー, 買い物