ウレルブログ

音楽で食べたい

考えること

音楽教室からも著作権料撤収するらしいですがいいねどんどんやりましょう。

こちらのニュース。
https://t.co/X2lDdMdXLW

音楽教室で教材としてJ-POP等の著作物を使用した場合はJASRACがお金取りますよーーて話なんですけど、これってよく考えたら当たり前ですよね?自分の曲が勝手に人の商売に使われてたらどう思うでしょう。

人の曲を使って教材として使ってるんだから。それで生徒からお金もらってるんだから。払いたくなかったらオリジナル作りましょうという。

 

そもそも音楽教室って・・

そもそも音楽教室てなんだろうな、と思う所もありまして。

小銭稼ぎにどっかのギター教室かDTM教室で働こうかなーなんて思っていろいろ調べてたんですが、総じて胡散臭い。僕が単純に捻くれてる可能性もありますがまあ胡散臭い。

なによりその胡散臭さを醸し出すのが講師のプロフィール。どんなに小さなことでも実績として書かれていて、いやこれはもちろん宣伝としてアピールとしてはいいんだろうけど、講師としての能力とは全く関係ないことが書いてある。

例えばあるギター講師がメジャーのこんなアーティストとこんな仕事をした!みたいに書いてあることがありますが、別にメジャーの仕事をしたからってめちゃめちゃギターを教えるのが上手いわけでもなければ、メジャーの仕事をした事がないからといって教えるのが下手なわけでもないのに、です。

簡単に言えばこういう「習い事」て何もわからない人が、他人の評判やその人の実績をみて簡単に選べるようになってるだけで、講師の質とは関係ない。

そもそも人に何かを教わる前に自分である程度まではいけるはずだと思ってます。
特に今の時代はyoutubeもあるし参考動画なんか山のようにあります。独学で結構できちゃうんですよね。

ある程度自分でやってみて自分に何が足らないか、なにを伸ばせばいいのかがわかってから自分に合う講師を探す、というのが上達への近道なんじゃないかと。
自分に合ってるかどうかなんて人それぞれだし、それはその人の実績がなんであれ合う人は合うし合わない人は合わないはずです。

商売なので人を集めないといけないのは当たり前ですが、本当の目的は楽器人口を増やすことや生徒の能力を伸ばすことなので、お金稼ぎに重きを置いている教室ってやっぱりなんか違和感を感じるというか腑に落ちないところってありますよね。

 

オリジナル教材を作ろう

話随分それちゃいましたけど、人に何かを教えるのって責任重大というか、生半端なことではないと思うんです。「講師」という立場はいろいろな影響を与えるし、状況によってはその人の道を左右するかもしれない。オリジナルの教材を作れないレベルの人が人にものを教えられるのか正直疑問なところです。
めちゃくちゃ自分に都合のいい話だけど、もしかしたら音楽教材を作るという仕事もこれから増えたりして・・ああでもそんなのAIに任せれば簡単にできちゃうかな・・。

-考えること