ウレルブログ

音楽で食べたい

オススメシンセポップ

個人的超おすすめシンセポップ⑥
ードイツ編ー

2017/09/18

さてさて6回目です。読んでくれてる人全然いませんが気にせず書いていきますよーー笑 続ける事に意味が、ある、、!はず!

 

テクノ大国ドイツ

てなわけで前回も少し言った国縛りでいこうと思います。今後もちょこちょこ出していこうかなと。シンセポップって結局エレクトロの分野に入ると思うんですけど、これ系はとにかくドイツは強い。人によると思いますが、ドイツと言えばベートーベンやバッハ等のクラシックや、ハロウィンやスコーピオンズのジャーマンメタルのイメージを持ってる人は多いんじゃないかと思います。

が、ドイツはテクノです。テクノ大国。なんつってもkraftwerkはドイツ。もうこれだけでいいと思うけど、kompaktって有名なエレクトロレーベルもドイツ。

Kompaktをあまり掘っていくとそれだけでかなりいい音楽みつかってキリがなくなるのでちょっとそこは避けます。でも本当に素敵なエレクトロ簡単に見つかるのでおすすめ。コンピューターミュージックやってる人にはお馴染みのNative Instrumentsってメーカーもドイツでやっぱなにかとその辺は強いです。

 

Stabil Elite

まずこれ。ドイツのデュッセルドルフという街で活動してる人達。余談ですけどデュッセルドルフは日本企業が多く日本人がめちゃ住んでます。日本語できれば生きていけるレベル。日本でいう大久保とか中華街とかそんな感じ。

ドイツ出身のバンドて知られてないだけで結構いるんですが、割とみんな英語で歌うのが多いです。kraftwerkとかrammsteinみたいにドイツ語で歌ってる人達もいるけど。Stabil Eliteもドイツ語で歌ってる。

これは僕だけなのかもしれないけど、ドイツ語てすごく落ち着く感じがある。発音が素直なんですよね。耳にスッと入ってくる。だからこういう曲にドイツ語はピッタシ。

曲自体もシンセポップでももっと落ち着いた感じというか、派手に展開があるわけでもない。頭からケツまで同じテンションで心地よく聴ける曲です。

 

 

Von Spar

次。これはさっきのStabil Eliteにハマって同じレーベルのitalic所属のバンド漁ってたら見つけました。レーベルがどれくらいの規模なのか知らないけど、好きな音楽探すのはやっぱり同レーベル内で漁るのが手っ取り早いです。
あんまり大きなレーベルだといろいろいるけど、小さいとこは割と似たような人達が多いです。
日本だとralley labelとかカクバリズムなんかそんな感じ。
spotifyの関連アーティストで探すのもめちゃいいし、あれで一日潰せるくらいいろんな音楽見つけられるけど、レーベル毎に調べて知識になれば詳しくなった気分味合えます笑 あくまで気分笑

曲調的にはこの人達いろんなジャンルやってるので一概にシンセポップバンドとは言えないんですけどそんな曲もありますって事で。

 

 

Roosevelt

で次はこの人。90年生まれだからまだ若いのにこれ。最高です。ドイツな感じはあまりないけど、めちゃいいです。これも正に現代のシンセポップと言っていいと思う。ダンスビートを軸にこのシンセサウンド。そんでこの心地よいボーカル。この人の曲はどれもいい。「Roosevelt」てアルバムは捨て曲ないです。

 

 

 

Lali Puna

最後はこれ。これはシンセポップより完全にエレクトロポップかな。。もっと高度だしわかりづらい。個人的にはめちゃ好きですが。
結構キャリアも長くて高橋幸宏と一緒にやってたりもする。来日した時に知り合いの手伝いでスタッフとしてライブに行ったことあるんだけど、とても良かった。エレクトロのバンドが生バンドでライブをするとこんなにカッコいいんだ、ていうのはlali punaを観て初めて知りました。
シンセポップ無視だけどドイツ縛りという事でどうしても紹介したかったんで無理やりねじ込みました。

 

以上

ドイツ縛り以上です。最終的に過去最高に紹介曲多くなってしまった。プロフィールにも書いてありますが僕は中高3年半程ドイツに住んでいたのでそれもあって最初にやってみました。でも住んでた時はアメリカやイギリスの音楽ばっかりでしかもハードロックとかメタルしか聴いてなかったんですよね、、。生バンドサウンド以外聴いてなかった。今考えるとすごく勿体無いことしたなーと思うんですがまぁしょうがない。

てな訳でそのうちまた国縛りやります。韓国も結構面白いシンセポップな人いるんだよなー。アジアにも注目したい。多分簡単だから次はノルウェーをやると思うけど。

-オススメシンセポップ
-, , , , , ,