ウレルブログ

音楽で食べたい

メンタル面

心理学的思考

いきなりですけど好きなこと続けていくのって辛くなる時ありませんか。

こういった音楽をやってる人のブログってわりと機材やらなんやらの話になると思います。勿論それは必要だと思うし僕も今後いろいろやっていきたいです。ただ今回はちょっと別の視点から見て、音楽を続けていくことでのメンタルの話をしたいと思います。

 

僕は正直人より非常にメンタルが弱くてめちゃくちゃ傷つきやすいです。多分音楽やってる人てそいういうの多いと思うんですが、だからこそそこを強くすることに力を入れようと思いました。

 

傷つきポイント

10代や20代前半の時はいいですが、20代半ばになってくると就職する友達や結婚して家庭を持つ友達が増えてきます。周りの環境がどんどん変わっていくんですね。

ただ一方、自分はフリーターで音楽で大して稼げないしお金もないし周りの目も痛い。そろそろ夢を追ってるのも。。なんて事になってくる人もいます。

勿論音楽をやってる上ではこんなことばかりではなく楽しいことも嬉しいことも沢山ありますし、こういうのが逆境になって頑張れる!みたいな人もいると思います。

でもこういうの考えてるのって時間の無駄だと思いませんか。こんな事に悩んでる時間があるなら楽器の練習や曲を作るなどしたほうがよっぽど効率がいいです。

 

解決方法

ではどうすればこういう事で悩まなくなるか。他人の事なんか気にしなきゃいいんです。周りの目なんか無視すればいいんです。それだけです。そんなの無理だって思うかもしれませんが、そんなこと無いです。絶対にできます。

訓練次第で自分の考え方や価値観は変えられます。それができないのは自分の中に変わりたくないという意識があるからであって、それもなにか理由があるものでしょう。

 

本読みましょう

と言葉では簡単に言いますが、実際の所結構苦労するものです。自分の生きてきた年数で培われたものを変えるのですから、そりゃ努力は必要です。

ちなみに僕の例を言うと本を読みました。「嫌われる勇気」という本をご存じでしょうか。僕はこれをきっかけに自分の価値観や考え方を変えることができました。

この本はアドラー心理学に基づいて書かれていて今では100万部以上の売り上げで、続編に「愛される勇気」というのも出版されています。

 

どんな内容かをめちゃ簡単に言うと「他人を気にしない」をどう実行するかです。「課題の分離」という言葉が使われていますが、それを中心にどう自分で「個」を確率していき実行していくかという内容で書かれています。

ググれば沢山でてきますので調べてみるといいかと思います。会話形式で進んでいくので本もすごく読みやすいです。

 

他に僕の読んだ本で他にオススメなのがホリエモンの本。僕が読んだのは「本音で生きる」という本ですが、この中でも「嫌われてる勇気」が紹介されるくらいですので、結構内容的にはかぶるところはあります。心理学ってなるとちょっと重い印象を持つ人もいるかもしれないので、こちらを読んでみるのもありかもしれません。

他にも厚切りジェイソンの「日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy」や「僕がコントや演劇のために考えていること」もオススメです。

 

メンタルッ!

とまあこんな感じですが、人によっては元々メンタルが強くこの人何言ってんだろうなぁと思う人もいるかもしれませんが、上であげた本は僕にとってすごく助けになりました。
他人は気にせず自分のやりたいことをやっていこう、というのは好きな事を続けていく上ですごく大事な考え方だと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

-メンタル面