ウレルブログ

音楽で食べたい

帰国子女 英語学習

帰国子女が考えた英語勉強法③

てわけで3回目です。前回そろそろ英語勉強法ブログ飽きると思うって書いたら本当に飽きてしまって自分で笑った。こういうの言わない方がいいですよね。

「飽きるって自分でも言ったからここで止めても筋通ってるな」て勝手に正当化してやらなくなるという。よくないぜー。

しかも2回目の音声もまだです。あれやってみたら結構難しくて、録った音源聴くと「あーー」とか「えっとーーー」とか「そのーーー」とか結構言っちゃって自分で聴いててイライラします笑 なんで何回も録り直す分時間がかかる。あんまりこだわらないほうがさっさとできていいんですけどね。もしかしたら1回だけで終わるかもしれない笑

 

では今回は英語学習に対するメンタルの話をしようと思います。

 

英語は手段にすぎない

これ英語勉強する人が陥るとこなんですけど「英語学習」の時に「英語」を勉強しようとしてもあまり身につかないんです。

変な事言ってますか?笑 でもそうなんです。英語ってのはただの言語なので、コミュニケーションだったり何かを読む為だったり等の「手段」でしかないんですよね。

教科として「英語」てあるので学問として捉えがちですが、学問としての英語を勉強してもなんにも意味ないです。

 

なので一番いい方法ってのは自分の興味あるものや関心のあるものを英語で読んだり情報収集することなんですね。僕の場合は音楽や楽曲制作について興味関心があるのでそういうものはよく英語で調べたりします。

次回はそういった「英語での情報収集」について書きたいと思います。

 

英語学習の目的を明確にする

では「英語」を「手段」として認識したら次はその手段を何のために使うか、ですよね。「英語ができるようになる事」を目的にしてたらはっきり言って一生身につかないと思います。これは日本の英語教育でも言える事で、あれは完全に受験を突破する為の英語なので英語習得には繋がりません。

これって何でも言えると思うんですが、例えば今の時代プログラミングを勉強しといたほうがいい、ってよく言いますよね。正直僕も何度かチャレンジしたんですけど、まあ中途半端に終わるんです。続かない。自分でなんでか考えたんですけど「時代として勉強したほうがいいから勉強しておこう」という本質的でない目的の為になってしまっているからなんですね。

例えば「この言語のプログラミングを習得して、○○ができるようになりたい!」ていう考え方じゃないと身につかないんですね。人によってはそれでもできる人もいると思うけど怠け者の僕には無理でした。

話は逸れましたがこれは語学にも言える事で「なんの為に英語を勉強するか」をしっかり自問自答することが大事です。

HUBにいる外国人のイケメンや美女を落とす為でもいいし、英語で書かれた本を翻訳されたものでなくオリジナルの言語で読みたいでもいいし、海外のエロサイトを見るためだっていいし、ブラックフライデーでお得に買い物するためでもなんでもいいんですけど、英語という手段を手に入れて自分は何がやりたいか、を明確にすることです。「英語ができるようになりたい」なんてフワフワした目的では一生できるようにならないです。

 

恥とかいらないので捨てる

ちょっとこれは英語を使う場が実際にある人に限定されてしまいますが、大事な事なので書いておきます。

恥をかく事を恐れるのは無駄だよってことです。海外にいた時に感じましたが日本人はミスをおこす事を怖がりすぎだと。異常に。周りの目を気にしすぎだし他人に何を思われるかを考えすぎだと思います。これは何に置いてもそうだけど、何か能力を伸ばす際にとても無駄な感情です。邪魔です。

僕が海外の学校にいた時、正直ミスをおこす事は嫌だったし実際それでアメリカ人にもバカにされたりもしました。なので英語を話す事が少し臆病になる事もありました。ミスを起こさないようにする為に一番いい方法ってコミュニケーションとらない事なんですよね。バカにされないように陰で勉強するではなく。コミュニケーションとらないと英語力なんか絶対に伸びないので。なのでミスを起こす事を怖がった時点で能力が伸びなくなる。

それをモロに感じたのが当時同じ学年にいたロシア人のアレックス、、忘れもしない。彼はロシアから来たばかりで英語も下手で発音もロシア訛りで周りから笑われてもいました。彼自身それを気にしていたかどうかは知りませんが、とにかくそういう状況だろうがアメリカ人に自分から話しかけにいってたし相手関係なしにコミュニケーションとってました。僕は同じESL(英語できない人のクラスみたいな感じ)のクラスだったので彼の急激な成長は知っていたし、しかも英語力が低くてもネイティブスピーカーとどんどん仲良くなっていってました。彼を見て僕は、英語を習得するのに一番愚かな事はミスを起こす事への恐怖心だと思いました。「行動しない事」に繋がる事は避けた方が確実にいいんです。

正直そんなの簡単な事じゃないです。そりゃ笑われるのは嫌だしバカにされるのは腹が立ちます。でも根本の目的を考えればそれによって恥をかく事なんてなんでもないんです。HUBでイケメン高身長高収入マッチョ系外国人やスタイル完璧なモデル系外国人美女を落とす為には恥なんてかいてられないって事です。

 

以上

というわけで今日はメンタル面について書いてみました。これは別に語学学習にだけ言える事ではないと思うので他の事にも応用できると思います。

何かを習得するのに一番大事なのってメンタルとか思考なんですよね。方法論とかはやってれば自分で学んでいくし技術も続けていけば勝手についていきます誰でも。なのでこういう事は今後も何か思いついたら書いていきたいと思います。ただ次回は上でも言ったようにまたインプットに戻って、英語での情報収集法について書きます。以上。

-帰国子女, 英語学習
-, , ,