ウレルブログ

音楽で食べたい

考えること

どんどんパクろうミクスチャー時代

「パクリ」って文字を見た時に、いい印象を持つ人はあまりいないと思います。

ちょっと前ですけどオリンピックのロゴありましたね。佐野研二郎氏がベルギーのデザイナーのロゴをパクったと話題になりました。

結局ロゴだけでなく他のものもトレースしてたみたいなのですが。

 

あれがパクリかそうじゃないかっていう話はどうでもいいと思うのですが、なによりなんだか世の中パクリに厳しすぎない?と思います。

 

オマージュとかリスペクトとかフォロワーってよくいいますけど、そこって正直明確な差はないですよね。みんななにかしらパクって生きてるのに、なぜかそれが否定されることにすごく疑問。

どっかで聞いたような言葉をSNSに自信満々に書き込む人とか。お前は芸能人か?ばりにインスタやフェイスブックに写真アップする人とか。生活スタイルパクってますよと、と思う。

それで商売してないからいいじゃないか、と言われそうですが、そもそもパクってもしょぼいものは商売として成り立たないし誰からも見向きもされない。パクリだという評価すら受けないしね。

 

パクっていいと思うんですガンガン。何かに影響受けていいじゃないですか。好きなものがあって自分もやりたいならやればいいじゃないですか。

過度なパクリ批判は文化の発展に繋がらないと思います。いろんなものパクってミックスして自動的にオリジナリティでてくるもんだと思います。

 

パクっていきましょう。そして「パクリ」批判やめましょう。

 

-考えること